ウェポンストーリー

百獣の剣

Lv.1:むかしむかしある王国に3人の兄弟がいました。
    3兄弟の次男は軍隊をひきいる将軍様でした。
    軍隊はとても暴力的でみんなおびえていました。

Lv.2:将軍は戦争が好きでした。
    もえた街や転がる死体を見ることが好きでした。
    将軍は征服することではなく、滅ぼす事だけを命じました。
    機械のように訓練された兵士達は将軍様のために村や街や国をぜーんぶ滅ぼしていきました。
    将軍様はそれを見ながらグフグフグフと下品な声でわらいます。

Lv.3:軍隊はひたすらに進軍しました。
    海の国も、山の国も、夏の国も、冬の国も、東の国も、西の国も、見境なく滅ぼしていきました。
    絶対的な将軍様の命令に従い、ずーっと何年も何年もひたすら殺して殺して殺して殺して殺して殺して殺しまくりました。

Lv.4:やがて軍隊はある国に到着しました。
    街の人も兵隊もお姫様も王子様もみんなみーんな槍で突き殺しました。
    最後にみすぼらしい将軍が涙ながらに命乞いをしてきましたがすぐ殺しました。
    その将軍の顔はどこかで見たような顔でした。
    兵隊達は思い出そうとしましたが、将軍の娘が現れたとたんにその子を突き殺すのに夢中になり、二度とその事を考える事はありませんでした。

百獣の剣王

Lv.1:むかしむかしある王国に3人の兄弟がいました。
   3兄弟の長男はその国をしはいする王様でした。
   王様はとても残酷でみんなこわがっていました。

Lv.2:王様は毎日毎日国民からひとりイケニエを選んで処刑しました。
   今日は家族の見ている前で母親の首をはねました。
   母親の頭は3回転ほど回って、既に殺されたその息子の頭のとなりに落ちました。
   ああ、なんという事でしょう。王様はそれを見て笑っているのです。
   ゲヘゲヘと、気持ちの悪い声で笑っているのです。

Lv.3:そんなある日、王様は病気になりました。
   生きながらにして体がくさっていく病気でした。
   くさった体をひきずりながら王様は処刑を続けました。
   家臣達は逆らいもせず毎日毎日毎日毎日処刑を続けました。

Lv.4:最後に王様はくさって死にました気持ち悪いにおいをだしながら
   王様はくさって死にましたでも家臣達は王様の前で処刑を続けました
   毎日マイ日殺しましタくさった王様とくさった家臣とくさった国民と
   くサったくさっおまエたチの

兵士長の聖槍

Lv.1:兵士長はその「生」を踏みにじる

Lv.2:他者の悲鳴は歓喜の歌へ

Lv.3:流れる涙は絶望から闇へ

Lv.4:戦いは復讐を呼び、新たなる孤独を生み出す

草原の竜騎槍

Lv.1:主は老いていた。精悍だった眼差しからは光が失われ、逞しい体は見るも無惨に
   弛みきっている。そして、老いるに従って身につけた虚栄や恐怖が、王の心を醜く
   蝕んでいた。王は怖かった。だから守るべき領土を失わないように周辺諸国への
   侵略を繰り返した。王は怖かった。国民の声も家臣の言う事も信用ならなかった。
   だから暴力と圧政ですべてを奪い取ろうとした。

Lv.2:王に忠誠を尽くす竜が居る。翼のない竜は王の言う事なら何でも従った。
   彼は王に救われた恩義が故に、魂で報いる事を誓ったのだ。
   たとえそれが目に余る愚行でも、王の口から命じられたのであれば従った。
   竜にとって王は正義そのものだった。

Lv.3:ある日、竜が血まみれで王に謁見を申し出る。
   その血は幼い王子を暗殺した返り血だった。暗殺を命じたのは他ならぬ父王。
   竜は澱んだ目で王に願い出る。貴公の命には逆らう訳にはいかない。
   だが、貴公の命に従う事ももう出来ない。殺してくれ。
   そう言うと竜は力なくうなだれた。

Lv.4:それは昔話。数百年前に滅びた国の愚かな王と翼の無い竜の物語。
   草原には今も風が吹いていた。
   王と竜が誓いを交わしたあの日と変わらず、風が吹いていた。

  • 最終更新:2010-05-13 13:16:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード